2006年04月29日

ポセイドン・アドベンチャー

海外に脱出組が多い中、GWに特に予定が無い私は、
「パニック映画三昧」ですごそうと思います。
6月に私のお気に入りの映画のひとつ
ポセイドン・アドベンチャー
がリメイクされて上演されることを知ったから目

1972年にジーン・ハックマン主演で作られた映画です。
「パニック映画」の先駆けとなった作品と言われています。

1972年といえば、私が生まれる前に作られた映画です。
小さい頃「日曜洋画劇場」で初めてみました。
私の両親が映画好きだったので
それをビデオに録画して何度も一緒に見た為
とても印象に残った作品となりました。
30歳を過ぎてからみてみましたが
子供の頃とは、違った映画に見えました。


私がイチバン印象に残っているのは、
潜水の得意だった太った年配女性が
みんなの命を救う為、水中に道しるべを作ります。
長時間潜水し、そして死んでいきます。
最後に残した言葉です。
私は、人魚みたいだったでしょ?」
なぜかこの言葉が耳に残っています。

ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産)
ジーン・ハックマン ロナルド・ニーム アーネスト・ボーグナイン

B000F16HCO
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-05-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<ストーリー>
豪華客船ポセイドン号が海底地震で起きた高波によって転覆してしまいます。
船内乗客たちのうち、今や天井ともなった船底まで行けば安全であると唱える人たちの物語。
上下逆さまになった客船で次々と命を失う者が続出していく中、
主人公スコット牧師(ジーン・ハックマン)が
神の意義と人間の尊厳を問いかけていきます。
船の中で生死をかけた空間に
人間の醜いところや社会の問題点など写し出しています。

banner_04.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産)
Excerpt: ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産)
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-08 01:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。